ぶーすかヘッドルーム・ブログ版


テレビで見た映画やドラマ、沖縄の情報など@ぶーすか
by booska1234
検索
リンク
画像関係は個人が楽しむために使用していますので流用はご了承下さい
ぶーすかヘッドルーム
ぶーすかヘッドルームHP
こちらにも遊びに来てねー!
人気blogランキング にほんブログ村 映画ブログへ
↑読んだらクリックしてネ!

若葉の森/うーすけさん
kurisablog/クリサブさん
EVERYBODY COME ON/MGさん
プロフェッサー・オカピーの部屋/オカピーさん
毎日が映画日和/クマさん
日本映画 監督篇 黒澤明/モカ次郎さん
地球映画遺産 編集日記/佐藤学さん
川越名画座/FROSTさん
映画のせかい2/映画のせかいマスターさん
ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!/mottiさん
飾釦/飾釦さん
取手物語~取手より愛をこめて/イエローストーンさん
CINEMAブロガー/サクラナミンさん

最新の記事
タグ
カテゴリ
監督:A・ヒッチコック
監督:イングマール・ベルイマン
監督:ヴィム・ヴェンダース
監督:ウィリアム・ワイラー
監督:ウディ・アレン
監督:シドニー・ポラック
監督:シドニー・ルメット
監督:J・ウー/ツイ・ハーク
監督:S・キューブリック
監督:S・スピルバーグ
監督:セルジオ・レオーネ
監督:チャップリン
監督:パトリス・ルコント
監督:ハワード・ホークス
監督:ビットリオ・デ・シーカ
監督:F・フェリーニ
監督:マーティン・スコセッシ
監督:ラッセ・ハルストレム
監督:ルキノ・ヴィスコンティ
監督:ルネ・クレマン
監督:ロバート・アルトマン
監督:ロバート・ゼメキス
監督:ロマン・ポランスキー
映画:アラン・ドロン
映画:イーサン・ホーク
映画:オードリー・へプバーン
映画:C・イーストウッド
映画:ゲイリー・クーパー
映画:ケヴィン・コスナー
映画:ジェラール・フィリップ
映画:ジャッキー・チェン
映画:ジョニー・デップ
映画:ショーン・コネリー
映画:ジョン・ウェイン
映画:ジョン・カサヴェテス
映画:S・マックィーン
映画:バート・ランカスター
映画:ヒュー・ジャックマン
映画:ブルース・ウィリス
映画:ポール・ニューマン
映画:ヌーヴェルヴァーグ
映画:007シリーズ
監督:市川崑
監督:稲垣浩
監督:岡本喜八
監督:木下惠介
監督:黒澤明
監督:成瀬巳喜男
監督:溝口健二
監督:野村芳太郎
監督:山田洋次/野村芳太郎
監督:吉田喜重
映画:男はつらいよ
映画:市川雷蔵
映画:大川橋蔵
映画:高倉健
映画:伊藤英明
映画:妻夫木聡
映画:松田優作
映画:日活/裕次郎/吉永小百合
映画:沖縄関連
映画:韓国/TVドラマ
映画:香港・中国
映画:スペイン
映画:昭和が舞台
映画:ファミリー向け
映画:とほほB級
映画:パニック系
映画:音楽がテーマ
映画:号泣
映画:5つ★お薦め
アカデミー賞関連作
サンダンス/NHK AWARD作
テレビで映画鑑賞
宿題映画リスト
テレビでアニメ
テレビでドラマ
アガサ・クリスティー関連
BOOK・本
音楽
気になるテレビ番組
その他
沖縄の話題
年間視聴・総決算
自己紹介
最新のトラックバック
銀魂 壁紙
from アニメ&マンガなどの情報紹介
『ミスター・ロンリー』(..
from 映画の心理プロファイル
『インクハート/魔法の声..
from 【徒然なるままに・・・】
「ワンピース THE M..
from Baby a gogo!
パピヨン
from しーの映画たわごと
Twitter
以前の記事
その他のジャンル
お気に入りブログ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

御家人斬九郎 in 田村高廣さん

最近BSフジで再放送された第6回「わしは将軍」に、先日亡くなった田村高廣さんがゲスト出演していて、殿様と主人公斬九郎の知人の二役を演じていて印象深かった。
f0083053_740566.jpg御家人斬九郎とは…
柴田錬三郎・原作のフジテレビ時代劇。無役、微禄の剣の達人・御家人斬九郎。弱いもの、正しいものの味方であるその姿を庶民の心意気と下町の情感をからめて描く、痛快人情時代劇の第一シリーズ。
渡辺謙演じる斬九郎がかっこいい!岸田今日子が演じる母の麻佐女(通称・鬼婆)も強烈なキャラで、二人のコントが毎回楽しい。そして斬九郎と蔦吉(若村麻由美)の関係がくっつきそうでそうでないようで…毎回、観ている方もジラされる。毎回違ったゲスト出演者があるのも楽しく、第1回は丹波哲朗だった。写真は第7回「放蕩指南」
御家人斬九郎 第6回「わしは将軍」
斬九郎の許婚、須美の祖父・景之進(田村高廣)が失踪する。水辺でふらついているところを発見されるが、斬九郎や須美のことはさっぱり覚えてなく、自分は将軍などと言うのみで、ボケたかと思われる。御上にこれが聞こえると打首になると、斬九郎は自宅に座敷牢を作らせ、景之進を幽閉、その世話を母親の麻佐女(岸田今日子)に押付ける。雷おこしこと、西尾伝三郎(益岡徹)と調べる内に、家老水野が将軍のすげ替えを狙っていて、景之進がそれに利用されていると知る。そして自宅の景之進は本物の将軍・家斉で、景之進が将軍に成り変わっていることを調べるため、蔦吉(若村麻由美)がお局様に成り変わって、将軍拝謁のお浜御殿へ向う。無事拝謁したかに見えたが、偽のお局と水野に見破られ、帰りの篭を止められる。物陰で見守っていた斬九郎には水野の片腕の侍が襲いかかる!あやうし蔦吉!斬九郎、見事に敵を皆ばっさり切倒す。無事、将軍職に戻った家斉は斬九郎に禄高を増やす褒美をやろうとするが、斬九郎は自分には分ふそうと、辞退する。景之進も反省する姿を考慮されて、お咎め無しのめでたしめでたし。
[PR]

by booska1234 | 2006-05-29 20:44 | テレビでドラマ
<< 「泥の河」「下妻物語」 「蛇姫様」「忠直卿行状記」 >>