ぶーすかヘッドルーム・ブログ版


テレビで見た映画やドラマ、沖縄の情報など@ぶーすか
by booska1234
検索
リンク
画像関係は個人が楽しむために使用していますので流用はご了承下さい
ぶーすかヘッドルーム
ぶーすかヘッドルームHP
こちらにも遊びに来てねー!
人気blogランキング にほんブログ村 映画ブログへ
↑読んだらクリックしてネ!

若葉の森/うーすけさん
kurisablog/クリサブさん
EVERYBODY COME ON/MGさん
プロフェッサー・オカピーの部屋/オカピーさん
毎日が映画日和/クマさん
日本映画 監督篇 黒澤明/モカ次郎さん
地球映画遺産 編集日記/佐藤学さん
川越名画座/FROSTさん
映画のせかい2/映画のせかいマスターさん
ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!/mottiさん
飾釦/飾釦さん
取手物語~取手より愛をこめて/イエローストーンさん
CINEMAブロガー/サクラナミンさん

最新の記事
タグ
カテゴリ
監督:A・ヒッチコック
監督:イングマール・ベルイマン
監督:ヴィム・ヴェンダース
監督:ウィリアム・ワイラー
監督:ウディ・アレン
監督:シドニー・ポラック
監督:シドニー・ルメット
監督:J・ウー/ツイ・ハーク
監督:S・キューブリック
監督:S・スピルバーグ
監督:セルジオ・レオーネ
監督:チャップリン
監督:パトリス・ルコント
監督:ハワード・ホークス
監督:ビットリオ・デ・シーカ
監督:F・フェリーニ
監督:マーティン・スコセッシ
監督:ラッセ・ハルストレム
監督:ルキノ・ヴィスコンティ
監督:ルネ・クレマン
監督:ロバート・アルトマン
監督:ロバート・ゼメキス
監督:ロマン・ポランスキー
映画:アラン・ドロン
映画:イーサン・ホーク
映画:オードリー・へプバーン
映画:C・イーストウッド
映画:ゲイリー・クーパー
映画:ケヴィン・コスナー
映画:ジェラール・フィリップ
映画:ジャッキー・チェン
映画:ジョニー・デップ
映画:ショーン・コネリー
映画:ジョン・ウェイン
映画:ジョン・カサヴェテス
映画:S・マックィーン
映画:バート・ランカスター
映画:ヒュー・ジャックマン
映画:ブルース・ウィリス
映画:ポール・ニューマン
映画:ヌーヴェルヴァーグ
映画:007シリーズ
監督:市川崑
監督:稲垣浩
監督:岡本喜八
監督:木下惠介
監督:黒澤明
監督:成瀬巳喜男
監督:溝口健二
監督:野村芳太郎
監督:山田洋次/野村芳太郎
監督:吉田喜重
映画:男はつらいよ
映画:市川雷蔵
映画:大川橋蔵
映画:高倉健
映画:伊藤英明
映画:妻夫木聡
映画:松田優作
映画:日活/裕次郎/吉永小百合
映画:沖縄関連
映画:韓国/TVドラマ
映画:香港・中国
映画:スペイン
映画:昭和が舞台
映画:ファミリー向け
映画:とほほB級
映画:パニック系
映画:音楽がテーマ
映画:号泣
映画:5つ★お薦め
アカデミー賞関連作
サンダンス/NHK AWARD作
テレビで映画鑑賞
宿題映画リスト
テレビでアニメ
テレビでドラマ
アガサ・クリスティー関連
BOOK・本
音楽
気になるテレビ番組
その他
沖縄の話題
年間視聴・総決算
自己紹介
最新のトラックバック
銀魂 壁紙
from アニメ&マンガなどの情報紹介
『ミスター・ロンリー』(..
from 映画の心理プロファイル
『インクハート/魔法の声..
from 【徒然なるままに・・・】
「ワンピース THE M..
from Baby a gogo!
パピヨン
from しーの映画たわごと
Twitter
以前の記事
人気ジャンル
お気に入りブログ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:監督:木下惠介( 7 )


「喜びも悲しみも幾歳月」「新・喜びも悲しみも幾歳月」

昨日、この映画の舞台になった女島灯台がとうとう無人化され、日本の灯台守はいなくなってしまったというニュースが。木下恵介・監督の映画「喜びも悲しみも幾歳月」の主題曲「おいら岬のー灯台守ーりはー♪」でお馴染みだった灯台守がいなくなったのはちょっと寂しい…。でも灯台守の方々、ご苦労様でした。
喜びも悲しみも幾歳月 ★★★
【NHKBS】木下恵介監督。佐田啓二の灯台守とその妻・高峰秀子の戦時中の混乱を含む波乱万丈の人生を描いた名作。
新・喜びも悲しみも幾歳月 ★★★
【NHKBS】木下恵介監督。加藤剛、大原麗子で灯台守の話を再び現代を舞台に描いたもの。戦争などがなく平和なぶん、今回は老人と孫の関わりなど家族の絆がより中心に描かれている。おじいちゃんを演じる植木等がイイ。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
ニュースの記事
最後の有人灯台が自動化 女島、年内に無人施設に
女島灯台が無人化へ 12日に自動化完成式典 長崎

最後の職員滞在灯台となっていた長崎県五島市の女島(めしま)灯台が12日、ディーゼルエンジン発電から太陽電池に切り替えられて自動化され、無人化される。映画「喜びも悲しみも幾歳月」(木下恵介監督、1957年)の舞台としても知られる女島灯台の自動化で、全国3337基(4月1日現在)のすべてから灯台守が姿を消す。
 女島は長崎県の五島列島最大の島である福江島から南西約80キロの東シナ海に浮かぶ無人島。男女群島の一角で、クロダイの磯釣りなどで知られる。全島が国の天然記念物に指定されている。
 女島灯台はがけの上に建つ白亜のコンクリート製で高さ15メートル。27年12月に初点灯し、光は50キロ先まで届く。
 長崎海上保安部航行援助センター五島事務所の21~55歳の職員8人が、4人1組となって約15日交代で勤務。主な業務は発電機の点検整備、レンズ清掃などだが、船着き場から灯台まで約1300メートルある上り坂の除草や建物の補修も重要な仕事だ。
 同事務所調整官で、2005年4月から女島灯台に勤務する竹内英司さん(55)は「海の見えない熊本市内で育ち、木下監督の映画を見てあこがれた」のがきっかけで灯台守になった。「夜に機械が故障したのを直して火がともると、ほっとしてやりがいを感じる」。西日本を中心に、34年間で9基の灯台を担当した。
 12日には、女島灯台で石川裕己海上保安庁長官らが出席して自動化完成式典が行われる。その後は、同事務所の職員が1カ月半に1度訪れて保守管理を行う予定。(FujiSankei Business i. on the webより)

[PR]

by booska1234 | 2006-11-13 16:12 | 監督:木下惠介

「笛吹川」「破れ太鼓」(木下惠介監督)

笛吹川 ★★★★
【NHKBS】深沢七郎の「笛吹川」を木下惠介が映画化。甲府と石和の間を流れる笛吹川の土手の小屋に住む一家を六代にわたって描いた大河ドラマ。戦国時代、武田家に仕えた農民の悲劇を描いた作品。
破れ太鼓 ★★★★
【NHKBS】阪東妻三郎主演のあまりの暴君な父に反発する家族たちを描いたコメディー。「朝から夜まで鳴りぱなしの大太鼓~ドンドンドンドンドドン♪~」と次男が唄う歌が笑える。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2006-08-20 09:51 | 監督:木下惠介

「二十四の瞳」「香華」

二十四の瞳 ★★★★★
【NHKBS】壺井栄原作。昭和三年、瀬戸内海の島の分教場で新入生12人を教える事になった「おなご先生」を高峰秀子演じた、木下惠介監督の名作。
香華 ★★★
【NHKBS】有吉佐和子原作を木下惠介監督が映画化。母親に売飛ばされ芸者として生きた紀州の女の大河ロマン。そのヒロインに岡田茉莉子、その母に乙羽信子、祖母に田中絹代と女優陣の演技バトルも見もの。香華(こうげ)とは「仏に供える花」という意味なんだそうな。
2作品とも太平洋戦争を考えさせられる作品。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2006-08-15 20:58 | 監督:木下惠介

「女の園」(木下惠介)、「間違えられた男」

女の園 ★★★★木下惠介 22作の感想
【NHKBS】「女の園」高峰三枝子、高峰秀子、岸惠子、久我美子など豪華な女優陣の共演。封建的な女学校に抑圧された生徒達が学校に反旗を翻す。今年の5月14日に亡くなった田村高廣さんのデビュー作で、高峰秀子の恋人・下田参吉役で出演している。
間違えられた男 ★★★
【NHKBS】アルフレッド・ヒッチコック監督。ヘンリー・フォンダが保険会社の強盗犯に間違われ、容疑者にされる恐怖を描いたヒチコック映画。この冤罪事件、恐ろしいことに実話なんだそうだ。誰にでも起こりうることだからこそ恐い話。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2006-07-07 20:06 | 監督:木下惠介

「お嬢さん乾杯」「野菊の如き君なりき」(木下惠介)

【NHKBS】木下惠介 監督 特集 木下惠介 22作の感想index
お嬢さん乾杯★★★★
佐野周二演じる自動車修理工が、落ちぶれた良家の娘(原節子)とお見合いをし一目惚れする。しかし彼女は彼のお金が目当てだとわかり…。コメディータッチのロマンス。昔懐かしい銀座の風景が情緒たっぷりで出て来てイイ。佐田啓二が佐野周二の弟分でコミカリなキャラを演じている。
野菊の如き君なりき★★★
伊藤左千夫の『野菊の墓』を木下惠介が映画化。松田聖子や山口百恵の『野菊の墓』よりも地味だけどずっと泣ける!!今年の5月14日に亡くなった田村高廣さんが兄・栄造役で出演している。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2006-07-06 20:50 | 監督:木下惠介

「わが恋せし乙女」「女」(木下惠介)

【NHKBS】木下惠介 監督 特集 木下惠介 22作の感想index
わが恋せし乙女★★★★
浅間山の自然が美しい牧場で「サンタ・ルチア」を唄う青年たちの清清しい牧歌的なロマンス。
★★★
犯罪者の男と逃避行をする女。女は男と別れようとするが、男はそれを思いとどまらせるため、あの手この手で女を騙そうとする、サスペンス調のロマンス。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2006-07-04 17:47 | 監督:木下惠介

「エーミールと探偵たち」「楢山節考」「哀しみの暴君 ネロ」

エーミールと探偵たち ★★★
【NHKBS】「ふたりのロッテ」「点子ちゃんとアントン」「飛ぶ教室」に続くケストナーの人気小説をドイツ本国で映画化。古き良き時代を背景にした原作も大好き。
楢山節考 ★★★
【NHKBS】木下恵介監督、田中絹代主演「うば捨て山」を題材にした人情ドラマ。カンヌで賞をとった今村昌平監督の作品では公開当時、坂本スミ子が歯を抜いて名演したと話題になっていた。しかしそれも田中絹代が前例をしっかり作っていたのだなぁ。原作は深沢七郎
哀しみの暴君 ネロ ★★
【NHKBShi】前半2時間は「名君」だった若きローマ皇帝ネロ、後半は暴君に変わり果てたネロを描いた歴史TVドラマ。再放送3回目。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2006-05-02 17:06 | 監督:木下惠介