ぶーすかヘッドルーム・ブログ版


テレビで見た映画やドラマ、沖縄の情報など@ぶーすか
by booska1234
検索
リンク
画像関係は個人が楽しむために使用していますので流用はご了承下さい
ぶーすかヘッドルーム
ぶーすかヘッドルームHP
こちらにも遊びに来てねー!
人気blogランキング にほんブログ村 映画ブログへ
↑読んだらクリックしてネ!

若葉の森/うーすけさん
kurisablog/クリサブさん
EVERYBODY COME ON/MGさん
プロフェッサー・オカピーの部屋/オカピーさん
毎日が映画日和/クマさん
日本映画 監督篇 黒澤明/モカ次郎さん
地球映画遺産 編集日記/佐藤学さん
川越名画座/FROSTさん
映画のせかい2/映画のせかいマスターさん
ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!/mottiさん
飾釦/飾釦さん
取手物語~取手より愛をこめて/イエローストーンさん
CINEMAブロガー/サクラナミンさん

最新の記事
タグ
カテゴリ
監督:A・ヒッチコック
監督:イングマール・ベルイマン
監督:ヴィム・ヴェンダース
監督:ウィリアム・ワイラー
監督:ウディ・アレン
監督:シドニー・ポラック
監督:シドニー・ルメット
監督:J・ウー/ツイ・ハーク
監督:S・キューブリック
監督:S・スピルバーグ
監督:セルジオ・レオーネ
監督:チャップリン
監督:パトリス・ルコント
監督:ハワード・ホークス
監督:ビットリオ・デ・シーカ
監督:F・フェリーニ
監督:マーティン・スコセッシ
監督:ラッセ・ハルストレム
監督:ルキノ・ヴィスコンティ
監督:ルネ・クレマン
監督:ロバート・アルトマン
監督:ロバート・ゼメキス
監督:ロマン・ポランスキー
映画:アラン・ドロン
映画:イーサン・ホーク
映画:オードリー・へプバーン
映画:C・イーストウッド
映画:ゲイリー・クーパー
映画:ケヴィン・コスナー
映画:ジェラール・フィリップ
映画:ジャッキー・チェン
映画:ジョニー・デップ
映画:ショーン・コネリー
映画:ジョン・ウェイン
映画:ジョン・カサヴェテス
映画:S・マックィーン
映画:バート・ランカスター
映画:ヒュー・ジャックマン
映画:ブルース・ウィリス
映画:ポール・ニューマン
映画:ヌーヴェルヴァーグ
映画:007シリーズ
監督:市川崑
監督:稲垣浩
監督:岡本喜八
監督:木下惠介
監督:黒澤明
監督:成瀬巳喜男
監督:溝口健二
監督:野村芳太郎
監督:山田洋次/野村芳太郎
監督:吉田喜重
映画:男はつらいよ
映画:市川雷蔵
映画:大川橋蔵
映画:高倉健
映画:伊藤英明
映画:妻夫木聡
映画:松田優作
映画:日活/裕次郎/吉永小百合
映画:沖縄関連
映画:韓国/TVドラマ
映画:香港・中国
映画:スペイン
映画:昭和が舞台
映画:ファミリー向け
映画:とほほB級
映画:パニック系
映画:音楽がテーマ
映画:号泣
映画:5つ★お薦め
アカデミー賞関連作
サンダンス/NHK AWARD作
テレビで映画鑑賞
宿題映画リスト
テレビでアニメ
テレビでドラマ
アガサ・クリスティー関連
BOOK・本
音楽
気になるテレビ番組
その他
沖縄の話題
年間視聴・総決算
自己紹介
最新のトラックバック
銀魂 壁紙
from アニメ&マンガなどの情報紹介
『ミスター・ロンリー』(..
from 映画の心理プロファイル
『インクハート/魔法の声..
from 【徒然なるままに・・・】
「ワンピース THE M..
from Baby a gogo!
パピヨン
from しーの映画たわごと
Twitter
以前の記事
人気ジャンル
お気に入りブログ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:監督:イングマール・ベルイマン( 4 )


「叫びとささやき」「ある結婚の風景」「秋のソナタ」

叫びとささやき ★★★★★
【NHKBS】ハリエット・アンデション、カリ・シルヴァン、イングリッド・チューリン、リヴ・ウルマン出演。19世紀末、スウェーデンのとある地方の大邸宅に召使の女と二人だけで暮らす末期がんの中年女。それぞれ家庭を持った姉と妹が彼女を見舞いに、久しぶりに集うが…。真っ赤な内装の部屋に黒い衣装がどこかムンクの絵を連想させる。ムンクの「叫び」を映画化したらこうなるのかも…と連想させるそれぞれ女たちの内なる叫びが強烈。
ある結婚の風景 ★★★★
【NHKBS】リヴ・ウルマン、エルランド・ヨセフソン、ビビ・アンデション、ヤーン・マルムシェー、グンネル・リンドブロム、アニータ・ヴァル出演。幸せな生活を送っていた夫婦が結婚10年目にして離婚、そしてそれぞれ別の伴侶を持った後もお互いの縁を切られずにいる姿を描いた作品。夫婦の裏側を容赦なく暴露する手法はウディ・アレンにも観られるが、こちらはさらに辛らつ。夫婦のキャラもウディとは違って一般的と思える人々だから、よりリアルで、ドキュメントを見ているような気分に陥る。長い作品で、ほとんどが夫婦役二人のアップのカットばかりと演劇的なシンプルさなのに、台詞が面白いので退屈させない。さすが!
秋のソナタ ★★★★★
【NHKBS】イングリッド・バーグマン、リヴ・ウルマン、レナ・ニーマン、ハルヴァール・ビョルク、エルランド・ヨセフソン、グンナール・ビヨルンストランド出演。スウェーデン出身の大女優イングリッド・バーグマン最後の映画出演作。ピアニストとして自由奔放に生きる老いても美しい母と、母とは対極の静かな生活を送る不細工で娘の親子の葛藤を描いた愛憎劇。バーグマン自身の生き方にシンクロするようなキャラで、彼女が娘に責められるシーンは真に迫って痛々しく、逃げるように去ってゆく彼女に自分しか愛せない冷たさを感じさせる、ベルイマンの毒を感じる。母への愛憎を容赦なくぶつける娘を演じたリヴ・ウルマンの演技も素晴らしい。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2008-07-25 11:04 | 監督:イングマール・ベルイマン

「野いちご」「処女の泉」

野いちご ★★★★★
【NHKBS】ビクトル・シェストレム、イングリッド・チューリン、ビビ・アンデショーン出演。孤独な老医師が過去と現在が交錯する夢と現実を見る中で自らの人生と生きる意義を見つめ直す…。老人が見る、マグリットの絵画のような静かでシュールな夢は「第七の封印」と似ている。主人公の老人の嫁を演じたイングリッド・チューリンが美しい。人生を否定的に見ている老人が心境を変化させるラストが心に染み入る。
処女の泉 ★★★★★
【NHKBS】マックス・フォン・シドー、ビルギッタ・ヴァルベルイ、グンネル・リンド、ビルギッタ・ペテルソン出演。「第七の封印」同様に宗教の信仰というものを問う作品。暗愚な者が聖なるものに一番近いのか…。寓話風の作りと、北欧の自然が美しい。しかしキリスト教徒ではない私には、信仰としての理解は難しく、文化としてしかキリスト教を捉えることができない。カリンを演じたビルギッタ・ペテルソンが清らかで美しい。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2008-07-21 10:16 | 監督:イングマール・ベルイマン

「夏の夜は三たび微笑む」「第七の封印」

夏の夜は三たび微笑む ★★★★★
【NHKBS】「愛のレッスン」のグンナール・ビョルンストランド、ウラ・ヤコブソン、エヴァ・ダールベック出演。弁護士フレデリックは若くて美しい妻がいるにも関わらず、人気女優デジレとの関係を続けていて…。シェークスピアの「真夏の夜の夢」が19世紀の人々に置き換えられたロマンス喜劇。
第七の封印 ★★★★★
【レンタルビデオ】マックス・フォン・シドー、グンナール・ビョルンストランド、ニルス・ポッペ、ビビ・アンデショーン、ベント・エーケロート、グンネル・リンドブロム出演。疫病がはびこる中世の北欧を舞台に、死神の生死をかけたチェスの勝負をする、十字軍遠征に失敗した騎士。死神が妙に人間臭いキャラで描かれているところが「ベルリン・天使の詩」の天使の姿などにも影響を与えているように思える。死の舞踏を踏む人々の列のラストが衝撃的で、マイ・ベスト10に入れたい1本。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2008-07-20 10:05 | 監督:イングマール・ベルイマン

「不良少女モニカ」「愛のレッスン」

2007年7月に亡くなった北欧の巨匠、イングマール・ベルイマン。ご冥福をお祈りします。
不良少女モニカ ★★★★★
【レンタルビデオ】ラーシュ・エクボルイ、ハリエット・アンデルセン、オーケ・グリュンベルイ、ジョン・ハリソン出演。純真な青年ハリーと奔放な17歳のわがまま娘モニカは家出をし、自由奔放な暮らしをするがやがてモニカは赤ん坊を残して出て行ってしまう…。貧乏な庶民の生活を描いているところはイタリアのネオ・リアリスモを感じさせられる。芝居というよりも日常を垣間見ているようなリアルさで、若い二人の演技が素晴らしい。特にモニカを演じたハリエット・アンデルセンの素朴で力強い肢体が美しい。
愛のレッスン ★★★★★
【レンタルビデオ】グンナール・ビョルンストランド、エヴァ・ダールベック、ハリエット・アンデルセン出演。プレイボーイの婦人科医が乗り込んだ列車の個室には偶然、不仲の妻が乗り合わせていた…。中年婦人科医が、一計を案じて妻とのヨリを取り戻す戦略をコミカルに描いた喜劇。難解で暗い作品が多いというイメージのベルイマンだが、シニカルに夫婦間の問題を捉えていてもユーモラスで明るい。主人公は優柔不断でずる賢いイヤな男だが、どこか憎めないキャラ。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2008-07-19 11:51 | 監督:イングマール・ベルイマン