ぶーすかヘッドルーム・ブログ版


テレビで見た映画やドラマ、沖縄の情報など@ぶーすか
by booska1234
検索
リンク
画像関係は個人が楽しむために使用していますので流用はご了承下さい
ぶーすかヘッドルーム
ぶーすかヘッドルームHP
こちらにも遊びに来てねー!
人気blogランキング にほんブログ村 映画ブログへ
↑読んだらクリックしてネ!

若葉の森/うーすけさん
kurisablog/クリサブさん
EVERYBODY COME ON/MGさん
プロフェッサー・オカピーの部屋/オカピーさん
毎日が映画日和/クマさん
日本映画 監督篇 黒澤明/モカ次郎さん
地球映画遺産 編集日記/佐藤学さん
川越名画座/FROSTさん
映画のせかい2/映画のせかいマスターさん
ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!/mottiさん
飾釦/飾釦さん
取手物語~取手より愛をこめて/イエローストーンさん
CINEMAブロガー/サクラナミンさん

最新の記事
タグ
カテゴリ
監督:A・ヒッチコック
監督:イングマール・ベルイマン
監督:ヴィム・ヴェンダース
監督:ウィリアム・ワイラー
監督:ウディ・アレン
監督:シドニー・ポラック
監督:シドニー・ルメット
監督:J・ウー/ツイ・ハーク
監督:S・キューブリック
監督:S・スピルバーグ
監督:セルジオ・レオーネ
監督:チャップリン
監督:パトリス・ルコント
監督:ハワード・ホークス
監督:ビットリオ・デ・シーカ
監督:F・フェリーニ
監督:マーティン・スコセッシ
監督:ラッセ・ハルストレム
監督:ルキノ・ヴィスコンティ
監督:ルネ・クレマン
監督:ロバート・アルトマン
監督:ロバート・ゼメキス
監督:ロマン・ポランスキー
映画:アラン・ドロン
映画:イーサン・ホーク
映画:オードリー・へプバーン
映画:C・イーストウッド
映画:ゲイリー・クーパー
映画:ケヴィン・コスナー
映画:ジェラール・フィリップ
映画:ジャッキー・チェン
映画:ジョニー・デップ
映画:ショーン・コネリー
映画:ジョン・ウェイン
映画:ジョン・カサヴェテス
映画:S・マックィーン
映画:バート・ランカスター
映画:ヒュー・ジャックマン
映画:ブルース・ウィリス
映画:ポール・ニューマン
映画:ヌーヴェルヴァーグ
映画:007シリーズ
監督:市川崑
監督:稲垣浩
監督:岡本喜八
監督:木下惠介
監督:黒澤明
監督:成瀬巳喜男
監督:溝口健二
監督:野村芳太郎
監督:山田洋次/野村芳太郎
監督:吉田喜重
映画:男はつらいよ
映画:市川雷蔵
映画:大川橋蔵
映画:高倉健
映画:伊藤英明
映画:妻夫木聡
映画:松田優作
映画:日活/裕次郎/吉永小百合
映画:沖縄関連
映画:韓国/TVドラマ
映画:香港・中国
映画:スペイン
映画:昭和が舞台
映画:ファミリー向け
映画:とほほB級
映画:パニック系
映画:音楽がテーマ
映画:号泣
映画:5つ★お薦め
アカデミー賞関連作
サンダンス/NHK AWARD作
テレビで映画鑑賞
宿題映画リスト
テレビでアニメ
テレビでドラマ
アガサ・クリスティー関連
BOOK・本
音楽
気になるテレビ番組
その他
沖縄の話題
年間視聴・総決算
自己紹介
最新のトラックバック
銀魂 壁紙
from アニメ&マンガなどの情報紹介
『ミスター・ロンリー』(..
from 映画の心理プロファイル
『インクハート/魔法の声..
from 【徒然なるままに・・・】
「ワンピース THE M..
from Baby a gogo!
パピヨン
from しーの映画たわごと
Twitter
以前の記事
人気ジャンル
お気に入りブログ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧


ベルギー映画「ある子供」「ポルノグラフィックな関係」

ある子供 ★★★
【BSジャパン】監督はジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌというベルギーの兄弟。その日暮らしをする20歳と18歳の若い夫婦。赤ん坊ができて喜ぶ妻が夫に赤ん坊の世話を半日頼むが、夫は黙って赤ん坊を売ってしまう。果たして赤ん坊の運命は?ドキュメンタリー風の作りで地味だけどカンヌ映画祭パルムドール大賞を受賞。ベルギーの社会が抱える若者の犯罪を描いた社会派な作品。
ポルノグラフィックな関係 ★★
【BS日テレ】監督はベルギーのフレデリック・フォンテーヌ。名前も知らない男女がセクシャルな関係だけを求めて知合うが、次第に心も通わせてゆく…というロマンス。タイトルとは反して意外とセクシャルなシーンは少なく、愛を真面目に捉えた作品。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2007-06-17 20:59 | テレビで映画鑑賞

ジョン・フランケンハイマー監督「大列車作戦」「終身犯」

大列車作戦 ★★★★
【NHKBS】監督は「終身犯」のジョン・フランケンハイマー。バート・ランカスター、ジャンヌ・モロー、ポール・スコフィールド出演。ドイツ軍占領下のパリ、ルーブルからピカソやマネ、ドガなどの近代絵画の名画ばかりを大量にドイツへ移送しようとするドイツ軍大佐と、それを阻止しようとするフランス人のレジスタンスたちの攻防。レジスタンスといってもわずか3人程度で、彼らの活動に接する事で命が危ないにも関わらず、レジスタンスに参加してゆく一般市民たちの心意気が泣ける!こういう人々の尊い命でこれらの名画は守られたという実話を元にしたドラマ。
終身犯 ★★★★★
【NHKBS】実在の終身犯ロバート・ストラウドのだどった数奇な運命を描いた人間ドラマ。殺人でアルカトラスに収監された粗野な男が、ある日、傷付いた小鳥を助け、飼育し始めてから次第に変わってゆく。凶暴な男から知的な男へと変わる主人公をバート・ランカスターが熱演。彼に感化されてカナリアを飼いはじめる同じ終身犯の男にテリー・サヴァラス。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2007-06-16 10:43 | 映画:バート・ランカスター

R・ロドリゲス監督「レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード」「フロム・ダスク・ティル・ドーン」

レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード ★★
【地上波】ロバート・ロドリゲス監督。アントニオ・バンデラス、サルマ・ハエック、ジョニー・デップ、ウィレム・デフォー、ミッキー・ロークと豪華出演者。サム・ペキンパーやセルジオ・レオーネへのオマージュも感じるバイオレンス・ウェスタン。皆、キザで笑える!
フロム・ダスク・ティル・ドーン ★★
【BS-i】ロバート・ロドリゲス監督、ハーヴェイ・カイテル、ジョージ・クルーニー、クエンティン・タランティーノ、ジュリエット・ルイス出演のアクション・ホラー。極悪強盗犯対吸血鬼集団。生残るのはどっち?!タランティーノの変態者ぶりが吸血鬼よりも恐い。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2007-06-15 22:57 | 映画:ジョニー・デップ

ロバート・ロッセン監督「ハスラー」「オール・ザ・キングスメン」

ハスラー ★★★★
【NHKBS】「オール・ザ・キングスメン」のロバート・ロッセン監督。ビリヤードで稼ぐ若き勝負師エディ(ポール・ニューマン)は伝説のプレイヤーのミネソタ・ファッツ(ジャッキー・グリーソン)に勝負を挑むが…。若き勝負師の挫折と栄光を描いた作品はポーカーの勝負師を描いたスティーブ・マックィーンの「シンシナティ・キッド」を思い出す。
オール・ザ・キングスメン ★★★★
【NHKBS:録画】「ハスラー」のロバート・ロッセン監督。ブロデリック・クロフォード、ジョーン・ドルー、ジョン・アイアランド、ジョン・デレク、マーセデス・マッケンブリッジ出演。素朴な農民上がりの男が、正義と信念を持って3度の出馬で知事になるが、権力と金を手にした途端に汚職に手を染めてしまい…と現代の政治家たちにも共通する問題を突き付ける、社会派問題作。1949年アカデミー作品賞受賞の他、主演男優賞をブロデリック・クロフォードが、助演女優賞をマーセデス・マッケンブリッジが受賞。2006年にはスティーヴン・ザイリアン監督、ショーン・ペン主演でリメイクされている。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2007-06-13 17:23 | 映画:ポール・ニューマン

チャールズ・ロートン「情婦」「野望の系列」

情婦 ★★★★★
【NHKBS】ビリー・ワイルダー監督が、アガサ・クリスティーの「検察側の証人」を見事に映画化。マレーネ・ディートリヒ、タイロン・パワー、チャールズ・ロートンと名優達が共演。殺人犯に問われた男(タイロン・パワー)の裁判で弁護を、その妻(ディートリヒ)から頼まれたウィルフリッド卿夫(チャールズ・ロートン)。しかし妻は協力するどころか夫に不利な証言を法廷でする…。ラストは予想を覆す大ドンデン返しで終わり、クリスティーらしい。
野望の系列 ★★★★
【NHKBS】監督は「帰らざる河 」のオットー・プレミンジャー。新しい国務長官候補として大統領に指名を受けたレフィングウェルだが、敵が多く、それを阻止しようとする一派、支持する一派とで裏工作が繰り広げられる、政界の暗部を描いた社会派ドラマ。脅しをかけてくる黒幕は誰なのか…?「情婦」のチャールズ・ロートンがレフィングウェル(ヘンリー・フォンダ)に対抗する老獪な政治家クーリーを憎々しく演じていてグッド。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2007-06-11 07:17 | アガサ・クリスティー関連

マリリン・モンロー「ノックは無用」「帰らざる河」

ノックは無用 ★★★
【NHKBS】監督は「SOSタイタニック 忘れえぬ夜」のロイ・ベイカー。リチャード・ウィドマーク、マリリン・モンロー、アン・バンクロフト出演。ニューヨークのホテルに滞在中のパイロットが向いの部屋の美人のベビッシッターに出会ったことで、彼女の起こす事件に巻込まれてゆくというサスペンス。マリリンが次第に狂気をあらわにする精神を病んだ娘を演じていて、なかなかの演技力でびっくり。「奇跡の人」でオスカーを受賞したアン・バンクロフトの映画デビュー作。ジャズ歌手の役だが唄も彼女自身なのだろうか?それともやはり吹替え?めちゃくちゃ上手い。
帰らざる河 ★★★
【NHKBS】監督は「野望の系列」「栄光への脱出」のオットー・プレミンジャー。離ればなれになった息子とやっと出会い、二人で農業に励んでいる男(「見知らぬ人でなく」「エル・ドラド」のロバート・ミッチャム)のところへ、賭博士(ロリー・カルホーン)とその女(マリリン・モンロー)がいかだでやってくる…。マリリン・モンローが唄うテーマ曲も有名。酒場の女姿もイイが、ジーンズをはいて激流と闘うマリリンもキュート。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2007-06-10 16:55 | テレビで映画鑑賞

モーリン・オハラ「マクリントック」「リオ・グランデの砦」

マクリントック ★★★
【NHKBS】ジョン・ウェイン、モーリン・オハラ共演の西部劇。監督はアンドリュー・V・マクラグレン。モーリン・オハラが夫ウェインを尻に敷くじゃじゃ馬な妻。ウェインは土地の名士で人望も篤いのに都会暮しが好きな妻に離婚を迫られあたふたのどたばたコメディーで、泥だらけで乱闘に参加する二人が楽しい。
リオ・グランデの砦 ★★★
【NHKBS】ジョン・ウェイン、モーリン・オハラ共演の西部劇。「アパッチ砦」「黄色いリボン」に続く、ジョン・フォード監督“騎兵隊3部作”の最終作。南北戦争後のアメリカ西部を舞台に、各地を荒らしてメキシコへ逃げる先住民たちに立ち向かう騎兵隊。その隊長の元に長年別居中の妻と暮していた息子が配属されてくる…。紅一点のモーリン・オハラが美しい。ベン・ジョンソンの二頭立て馬に立ち乗りなどアクションもすごい!
[PR]

by booska1234 | 2007-06-09 22:14 | 映画:ジョン・ウェイン

ジョン・ウェイン「勇気ある追跡」「オレゴン魂」

勇気ある追跡 ★★★★
【NHKBS】「西部開拓史」「ナイアガラ」のヘンリー・ハサウェイ監督。14歳のマティー(キム・ダービー)は、保安官コグバーンと若いテキサスレンジャー(グレン・キャンベル)を雇って父親を殺した犯人を捕まえる旅にでる…。黒のアイパッチの初老の保安官ルースター・コグバーンを演じるジョン・ウェインが格好良い!ジョン・ウェインはこの作品でオスカーに輝いた。
オレゴン魂 ★★★
【NHKBS】スチュアート・ミラー監督。「勇気ある追跡」の続編で保安官ルースター・コグバーンが、今度はニトログリセリン強奪事件の犯人、友人だったブリード(アンソニー・ザーブ)とホーク(リチャード・ジョーダン)一味を追って、親を彼らに殺された先住民の少年ウルフ、宣教師の娘ユーラの三人(キャサリン・ヘプバーン)で追う。中盤の激流下りは「帰らざる河」のように迫力。
[PR]

by booska1234 | 2007-06-08 22:17 | 映画:ジョン・ウェイン

ジョン・フォード監督「駅馬車」「リバティ・バランスを射った男」

駅馬車 ★★★★★
【NHKBS】ジョン・フォード監督とジョン・ウェインの黄金コンビによる不屈の名作。テーマ曲「メキシコへの道」や「金髪のジェニー」など投入曲も名曲ばかり。アパッチの襲撃シーンで、打たれてひっくり返る馬とアパッチ族、駅馬車に乗り移って撃たれて車の下敷きになるアパッチ族など、アパッチ族の命を張ったスタントはすごい!リンゴーを除く登場人物で大好きなのが、意外と優しいところのある南部の名家出身の賭博師ハットフィールド。
リバティ・バランスを射った男 ★★★★
【NHKBS】州独立に闘う若き法律家と腕利きのガンマンのトムが、無法者リバティ・バランス(リー・マーヴィン)と闘う西部劇。銃が苦手な知性派男をジェームズ・スチュアート、腕っぷしには自身ありのガンマンをジョン・ウェインが演じている。ジョン・ウェインは押さえた演技で主演のジェームズ・スチュアートをもり立てていて格好良い。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2007-06-07 16:46 | 映画:ジョン・ウェイン

熊井啓 監督「海は見ていた」「愛する」

海は見ていた ★★★
【NHKBS】5月23日に亡くなった熊井啓監督の遺作。山本周五郎・原作、黒澤明・脚本。深川の郭を舞台にした山本周五郎の人情話なので悪くはないのだが、期待していた割には普通…。数年前の深夜、偶然観た「愛する」の方が泣けて印象深かった。
愛する ★★★★
【NHKBS】遠藤周作の原作『わたしが・棄てた・女』を熊井啓監督が映画化。若くしてハンセン病と診断され、恋人にも見捨てられた身寄りのない娘を酒井美紀が熱演。この作品を観るまでライ病のことをまったく知らなかったので、その患者たちの酷い待遇に泣けた。共演は渡部篤郎。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2007-06-05 21:14 | テレビで映画鑑賞