ぶーすかヘッドルーム・ブログ版


テレビで見た映画やドラマ、沖縄の情報など@ぶーすか
by booska1234
検索
リンク
画像関係は個人が楽しむために使用していますので流用はご了承下さい
ぶーすかヘッドルーム
ぶーすかヘッドルームHP
こちらにも遊びに来てねー!
人気blogランキング にほんブログ村 映画ブログへ
↑読んだらクリックしてネ!

若葉の森/うーすけさん
kurisablog/クリサブさん
EVERYBODY COME ON/MGさん
プロフェッサー・オカピーの部屋/オカピーさん
毎日が映画日和/クマさん
日本映画 監督篇 黒澤明/モカ次郎さん
地球映画遺産 編集日記/佐藤学さん
川越名画座/FROSTさん
映画のせかい2/映画のせかいマスターさん
ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!/mottiさん
飾釦/飾釦さん
取手物語~取手より愛をこめて/イエローストーンさん
CINEMAブロガー/サクラナミンさん

最新の記事
タグ
カテゴリ
監督:A・ヒッチコック
監督:イングマール・ベルイマン
監督:ヴィム・ヴェンダース
監督:ウィリアム・ワイラー
監督:ウディ・アレン
監督:シドニー・ポラック
監督:シドニー・ルメット
監督:J・ウー/ツイ・ハーク
監督:S・キューブリック
監督:S・スピルバーグ
監督:セルジオ・レオーネ
監督:チャップリン
監督:パトリス・ルコント
監督:ハワード・ホークス
監督:ビットリオ・デ・シーカ
監督:F・フェリーニ
監督:マーティン・スコセッシ
監督:ラッセ・ハルストレム
監督:ルキノ・ヴィスコンティ
監督:ルネ・クレマン
監督:ロバート・アルトマン
監督:ロバート・ゼメキス
監督:ロマン・ポランスキー
映画:アラン・ドロン
映画:イーサン・ホーク
映画:オードリー・へプバーン
映画:C・イーストウッド
映画:ゲイリー・クーパー
映画:ケヴィン・コスナー
映画:ジェラール・フィリップ
映画:ジャッキー・チェン
映画:ジョニー・デップ
映画:ショーン・コネリー
映画:ジョン・ウェイン
映画:ジョン・カサヴェテス
映画:S・マックィーン
映画:バート・ランカスター
映画:ヒュー・ジャックマン
映画:ブルース・ウィリス
映画:ポール・ニューマン
映画:ヌーヴェルヴァーグ
映画:007シリーズ
監督:市川崑
監督:稲垣浩
監督:岡本喜八
監督:木下惠介
監督:黒澤明
監督:成瀬巳喜男
監督:溝口健二
監督:野村芳太郎
監督:山田洋次/野村芳太郎
監督:吉田喜重
映画:男はつらいよ
映画:市川雷蔵
映画:大川橋蔵
映画:高倉健
映画:伊藤英明
映画:妻夫木聡
映画:松田優作
映画:日活/裕次郎/吉永小百合
映画:沖縄関連
映画:韓国/TVドラマ
映画:香港・中国
映画:スペイン
映画:昭和が舞台
映画:ファミリー向け
映画:とほほB級
映画:パニック系
映画:音楽がテーマ
映画:号泣
映画:5つ★お薦め
アカデミー賞関連作
サンダンス/NHK AWARD作
テレビで映画鑑賞
宿題映画リスト
テレビでアニメ
テレビでドラマ
アガサ・クリスティー関連
BOOK・本
音楽
気になるテレビ番組
その他
沖縄の話題
年間視聴・総決算
自己紹介
最新のトラックバック
銀魂 壁紙
from アニメ&マンガなどの情報紹介
『ミスター・ロンリー』(..
from 映画の心理プロファイル
『インクハート/魔法の声..
from 【徒然なるままに・・・】
「ワンピース THE M..
from Baby a gogo!
パピヨン
from しーの映画たわごと
Twitter
以前の記事
人気ジャンル
お気に入りブログ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧


とことん!石ノ森章太郎

生誕70年・没後10年にあたる今年、NHK-BS2は7夜連続、約30時間にわたって石ノ森ワールドが大特集されました。最終日は午前3時までの放送で、見るほうも体力勝負という感じ。この際、毎週、石ノ森作品を放送する枠を作って欲しい!

サイボーグ009 劇場版(1966) ★★★
昭和41年に公開された、サイボーグ009の記念すべき劇場版第1作。絵柄が『魔法使いサリー』しているけど、こういう古典的絵柄は美しいので大好き!カメレオン男007が少年になっていて愛嬌振りまいていて可愛い。
空飛ぶゆうれい船 ★★★
石ノ森章太郎の短編『ゆうれい船』を原作に、『ゲゲゲの鬼太郎』の辻真先が脚色。『魔法使いサリー』を手がけた池田宏が演出を担当した1969年のSF長編アニメ。今見ても古さを感じないシンプルだけど美しい絵柄がグッド!町を破壊するロボットのシーンは若き宮崎駿が担当している。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。

仮面ライダー
「仮面ライダー」シリーズで一番のマイ・ヒーローはこのライダー1号。藤岡弘は格好良かった。その後沢山のライダーが登場したが、一番格好良いマスクもライダー1号だと思う。そのライダー1号から2号に変わったのが、彼の怪我が原因とは知らず、当時お子ちゃまだった私は、番組通りのヨーロッパで破壊活動を始めたショッカーの殲滅のため、日本を離れていると信じて、真相を知らなかった。島田洋子(「犬神家の一族」より若い!)が出演していて吃驚。天本英世の死神博士が懐かしい!あの姿で東京-日向間フェリーに乗っているのが笑えた。
「84話:危うしライダー!イソギンジャガーの地獄罠」
イソギンチャクだけじゃ弱そうなのでジャガー(寅)を合体させて強そうにした、無理やり感がある怪人イソギンジャガー。石ノ森章太郎氏自身が監督、イソギンジャガーに変身する釣り人として出演していてびっくり!変なメイクにも挑戦しているが、演技はやっぱり下手で、イソギンジャガーに「みたなー!」と言われ、「みてない」を棒読み。(ばっちり見ていて「みてない」とは!爆笑!)豪華にも空撮が多く、波打ち際を俯瞰した構図は凝っていて格好良い。

人造人間キカイダー
第37話「ジローの弟 強敵ハカイダー!」
第42話「変身不能!? ハカイダー大反逆!」
プロフェッサー・ギルが宿敵だったのね。当時、幼稚園生だった私はすっかり忘れてました。スケルトンでアン・シンメトリーなデザインとサイドカー(乗ってみたかった!)が格好良かった!私がスケルトン好きになったのはこれの影響が大きい。ハカイダーも大好きだったが、当時は悪党とは思わないで見ていた。胸からマシンガンが強烈だった志穂美悦子演じる(当時高校生だったらしい!)ビジンダーが出てこなかったのが残念。

ロボット刑事 劇場版(第1話-第12話)
ワッカマン、テナガマン、ジイキマン、カメレオマン、ナナツマン、コワシマン、ヒコウマン、カミナリマン、コシカレケマン、ロッカーマン、スプリングマン…とふざけたネーミングの怪人が笑える!故障した時に白いマザーの巨体に吸い込まれるシーンなどが、記憶にあって懐かしい。すっかり忘れていたが千葉真一が出演していたんだなぁ。脚本に上原正三という沖縄出身者が関わっていたらしく、沖縄ロケもあったらしい。その「19話:沖縄の海に謎を追え!! 」「20話:水爆飛行船東京へ! 」も見たかったなぁ。

がんばれ!! ロボコン
これも石ノ森章太郎原作とは知らなかった!でも大好きで毎回見ていたなぁ。しかし、沖縄で再放送はなく、リアルタイムで見たきりだったので、詳細はすっかり忘れていた。ロビンちゃんがロボットではなく異星人だったとは!ロボパーがばらばらになったり、看護婦ロボットのロボペチャが出てきたり、懐かしかった!

秘密戦隊ゴレンジャー
なぜ「秘密」が付くのか、今回の「とことん!」で判明!黒十字軍に殲滅された秘密防衛機構の各支部の生き残りが集まって作った秘密組織がゴレンジャーだったのだなぁ。まーお子ちゃまだった私には当時、そんなことよりもキレンジャーの食べるカレーの方が気になっていた。ちなみアカレンジャーも好きだったけど、アオレンジャーがニヒルで格好良かった。二人の関係って宮本武蔵と佐々木小次郎だったんですね。納得。あのわくわくするオープニング曲、大好き!

サイボーグ009
テレビ版第2シリーズ第16話「ウエストサイドの決闘」002がN.Yのダウンタウンに帰郷する話。
テレビ版第3シリーズ第1話「誕生」
テレビ版第3シリーズ第45~48話「さよなら、ドルフィン」「地底へ!」「魔神、発動」「地上より永遠に」
第2シリーズ・テレビ版が大好きで、石ノ森章太郎氏の歌詞のオープニングemoticon-0159-music.gif「誰がために」(「涙で渡る 血の大河 夢みて走る 死の荒野」部分特に泣ける)、エンディング「戦いおわって」共に泣ける名曲。
f0083053_1681973.jpg第3シリーズは絵は原作により近くなり綺麗なのに、音楽が小室のうるさい歌になってしまってがっかり。ジョーが少年院から脱走した不良少年だったとは知らなかったなぁ。竹宮恵子の「地球へ…」のソルジャー・ブルーはもしやこのジョーがモデル?
「イナズマン」「美少女仮面ポワトリン」「快傑ズバット」は沖縄で放送されていなかったのか、全然知らなかった。快傑ズバットのふざけたキャラはいいねー!再放送してくれないかなぁ。
[PR]

by booska1234 | 2008-03-31 16:23 | テレビでアニメ

「コンタクト」「アビス」

コンタクト ★★★
【BS-i】監督は「ロマンシング・ストーン/秘宝の谷」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3」のロバート・ゼメキス。ジョディー・フォスター、マシュー・マコノヒー、ジョン・ハート、ジェイムズ・ウッズ、デイビット・モース出演。化学者カール・セーガン原作の未知の生命体とのコンタクトを描いたSFファンタジー。信念で自分の夢を実現するヒロインをジョディー・フォスターが凛とした美しさで演じている。友好的な宇宙人との接触ものとしては「未知との遭遇」や「アビス」みたい。
アビス ★★★★
【NHKBS】監督は「タイタニック」のジェームズ・キャメロン。原子力潜水艦の事故の救出に向かったクルーが、未知の生命体に遭遇する海底版「未知との遭遇」みたいなSFファンタジー。出演はエド・ハリス、メアリー・エリザベス・マストラントニオ。「ターミネーター」のマイケル・ビーンが悪役で登場!完全版を鑑賞。潜水艦ものや、「グリード」などの海洋クリチャー、はたまた「アルマゲドン」と、いろんな要素が盛り沢山で長さを感じない面白さだった。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2008-03-30 12:45 | 監督:ロバート・ゼメキス

「マッドマックス」「マッドマックス2」「マッドマックス/サンダードーム」「パニッシャー(2004)」

マッドマックス ★★★★
【BS-i】メル・ギブソンが若くて格好良い!友人、妻と息子を殺された警官が犯人の暴走族たちに復讐する、近未来バイオレンスSF。馬をバイクに変えたオーストラリア版ハードボイルドなウィエスタンという感じで、今見ても迫力のあるスピード感と、恐怖を盛り立てる音楽は新鮮で古さを感じさせない。
マッドマックス2 ★★★
【BS-i】ガソリンを求めて精油基地を守る人々の協力者になったマックスが、ガソリンを奪いに来るならず者集団と対決する。貧弱だけど忠実な犬と、幼い少年がいい味だしている。その少年がナレーションになっているあたりは「ターミネーター」っぽい。
マッドマックス/サンダードーム ★★★
【BS-i】ティナ・ターナーが出演で話題になったシリーズ最終章。マックスがアンチヒーローから普通のヒーローになっちゃって、ウルフカットでファッションもイマイチと、公開当時はかなり肩透かしを感じたが、今見てみると結構面白い。二人で一人というザ・マスターがいいねー。
3本とも、監督は「ロレンツォのオイル/命の詩」「ベイブ」のジョージ・ミラー。
パニッシャー(2004)
【地上波】監督は「アルマゲドン」や「ダイ・ハード3」の脚本家ジョナサン・ヘンズリー。主演は「ディープ・ブルー」や「クリスティーナの好きなコト」のトム・ジェーン。「シン・シティ」と同じ流れをくむ、アメコミのアンチヒーローなんだそうだが、読んだことがないのでよく知らない。でも妻と幼い息子を殺されて復讐の鬼になる元警官という設定は「マッドマックス」そのまんまじゃないか!?
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2008-03-28 12:16 | テレビで映画鑑賞

ジョン・ウェイン「パターンを奪回せよ」「太平洋作戦(太平洋航空作戦)」

パターンを奪回せよ ★★
【BS12】「アルバレス・ケリー」「ワーロック」のエドワード・ドミトリク監督。共演はアンソニー・クイン、ボーラ・ボンディ。第二次世界大戦史上名高いフィリピンのバターン死の行進を描いた戦争映画。戦時中にアメリカ軍高揚目的で作られた作品なので、日本軍が一方的に醜い敵として描かれている。それを差し引いても、ジョン・ウェインとアンソニー・クインが主演の割にはイマイチ魅力の無いキャラで、話の展開も退屈。紅一点のフィリピン・スターを演じるボーラ・ボンディは「」にも出演している。
太平洋作戦(太平洋航空作戦)
【BS12】監督は「理由なき反抗」「北京の55日」のニコラス・レイ。共演はロバート・ライアン、ドン・テイラー、ジャニス・カーター、ジェイ・C・フリッペン。鬼少佐のカービーが、学生気分の抜けない新米兵士たちと、兵士に甘い副隊長グリフィン大尉に手を焼きながらも、アメリカの親父らしく育ててゆく…。第2次世界大戦中のガダルカナル島の戦いを描いた戦争映画。ジョン・ウェインがいつものおやっさんらしくて良い。しかしドキュメント・フィルムに頼りすぎてちょっと安直な感じが…。映像の悪さも辛い。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2008-03-27 16:42 | 映画:ジョン・ウェイン

アンドリュー・デイビス「ダイヤルM」「逃亡者」「チェーン・リアクション」

ダイヤルM ★★★
【BS-i】ヒッチコックの名画「ダイヤルMを廻せ!」のリメイク。マイケル・ダグラス、グウィネス・パルトロー出演。「名探偵ポワロ」で御馴染みのデヴィッド・スーシェが刑事役で登場。グウィネス・パルトローはグレイス・ケリーに見た目は似ていると思うが、品格はどうもイマイチ…。『ロード・オブ・ザ・リング』のヴィゴ・モーテンセン観たさに鑑賞。オリジナルのオリジナルへのオマージュを感じるシーンがあるのだが、オリジナルを観てないのが残念。
逃亡者(1993) ★★★
【NHKBS】アンドリュー・デイビス監督。アメリカTVシリーズを映画化。そちらの方はNHKBSで放送されたのを観ることができた。ハリソン・フォードがキンブル、トミー・リー・ジョーンズが彼を追うジェラード警部。ジュリアン・ムーアが女医役でちょびっと出ていてなかなか豪華。テレビドラマよりも納得いく内容で面白かった。
チェーン・リアクション
【地上波】キアヌ・リーヴス、モーガン・フリーマン、レイチェル・ワイズ出演。新エネルギー発生装置をめぐる開発側と政府の攻防に、シカゴ大学の若きエンジニアが巻き込まれ…。豪華キャストの割にはアクション中心の作品でイマイチ。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2008-03-26 11:22 | テレビで映画鑑賞

ジェラルド・バトラー「オペラ座の怪人」「Dear フランキー」

オペラ座の怪人 ★★★
【レンタルビデオ】主演は「ジェラルド・バトラー in THE GAME OF LIVES」「サラマンダー」「Dear フランキー」「トゥームレイダー2」のジェラード・バトラー。ヒロインのクリスティーヌは「ミスティック・リバー」「デイ・アフター・トゥモロー」のエミー・ロッサム。豪華なセットと衣装が見ごたえあり、特にスワロフスキー社製のシャンデリアが落下するシーンは圧巻。クリスティーヌを演じたエミー・ロッサムが美しいだけでなく歌も上手いのにはびっくり。ジェラルド・バトラーは特殊メイクと仮面であまり顔が分からなかった^^;)。
Dear フランキー ★★★
【BSジャパン】アイルランドの港町を舞台に、耳の不自由な息子と父親を隠して暮らす母親。母親は息子のために、架空の父親から手紙を書き続けるが、ある日、ある男に一日だけ父親代わりを頼む…。耳の不自由な少年と母親、その親子に関わるようになってしまう謎の男の心温まる人間ドラマ。ジェラルド・バトラーが格好良い。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2008-03-25 12:31 | 映画:音楽がテーマ

シャーリーズ・セロン「モンスター」、ジョン・ダイガン監督「トリコロールに燃えて」「泉のセイレーン」

モンスター ★★★
【BS-i】シャーリーズ・セロンが超不細工な殺人犯を演じ、2003年アカデミー主演女優賞を受賞。元モデルで美人の彼女が誰だかわからないくらいの変わり様。本物のアイリーンにそっくりな顔と体系、しぐさにびっくり。彼女の恋人を演じたクリスティナ・リッチもいい味を出している。犯罪バイオレンス物と思いきや、切ない青春物だった。
トリコロールに燃えて ★★★
【BSフジ】「泉のセイレーン」「ワン・ナイト・スタンド」のジョン・ダイガン監督。共演はスチュワート・タウンゼント、ペネロペ・クロス。第二次世界大戦下のパリを舞台に、二人の美女に翻弄される青年のロマンス。1930年代のアールデコなファッションやインテリアが超お洒落。それをシャーリーズ・セロンがお洒落に着こなしている。いつもの美しいシャーリーズ・セロンが観れて「モンスター」の後に見るとほっとする。
泉のセイレーン ★★
【NHKBS】主演は「ブラス!」のタラ・フィッツジェラルド。共演はヒュー・グラント、サム・ニール、エレ・マクファーソン。教会が依頼した絵をめぐり、画家ノーマン・リンゼイが住む20世紀初頭のオーストラリアを訪れた若い牧師夫婦が、開放的に暮らすリンゼイ家に感化されてゆく様子を幻想的に描いた作品。セクシャルな表現は思ったほど抑え目。登場するモデルたちはどれもラファエル前派のロセッティが描く「運命の女」に似ている。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2008-03-24 17:50 | アカデミー賞関連作

森谷司郎「日本沈没」「小説吉田学校」「赤頭巾ちゃん気をつけて」

日本沈没(1973) ★★★
【BS-i】原作は続編もあるらしいけど味読の小松左京。監督は「八甲田山」の森谷司郎。タイトル通り日本が地殻変動で海に水没するまでのドラマ。日本沈没を予言するマッド・サイエンティスト田所博士を小林桂樹が熱演。日本民族の行く末に涙する山本総理に丹波哲郎。大混乱で離ればなれになるカップルに藤岡弘、いしだあゆみ(若い!)。公開当時に観たハズだけど印象に残っていたシーン(巨大ゼンマイが出現とか)が全然なかった。あれはテレビシリーズの方だったのだろうか…?草なぎくんのリメイク版ってどうなんでしょうね…?
小説吉田学校 ★★★
【BS-i】戸川猪佐武の原作、吉田内閣成立から対日講和条約成立までの政権のイスを巡る吉田茂(森繁久彌)と三木武吉(若山富三郎)、鳩山一郎(芦田伸介)の死闘を映画化。西郷輝彦が田中角栄を演じるなど、誰がどの実在のキャラを演じているのかチェックするのも面白い、豪華キャストのドキュメント風ドラマ。サンフランシスコ講和条約の草案作りの緊迫したシーンは印象的。
赤頭巾ちゃん気をつけて ★★★
【NHKBS】出演は岡田裕介、森和代、富岡徹夫、森秋子、中尾彬、風見章子、山岡久乃。芥川賞受賞した庄司薫の原作を映画化。安田講堂紛争の日、東大入試が中止になった一日を日比谷高校3年の薫クンの視点でみた青春ドラマ。いしだあゆみの「ブルーライト横浜」など当時のヒット曲がかかっていて、懐かしい。加納典明の過激な写真も当時の時代っぽいなぁ。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2008-03-23 14:48 | 映画:昭和が舞台

クォン・サンウ「美しき野獣」「マルチュク青春通り」「恋する神父」

美しき野獣
【BSジャパン】共演は「春の日は過ぎゆく」のユ・ジテ。暴力的な若き刑事チャン・ドヨン(クォン・サンウ)と、冷徹なエリート検事オ・ジヌ(ユ・ジテ)は対立しながらも、共通の敵、裏社会を握る黒幕に挑むが…。韓国の刑事ってあんな暴力的なのか?めちゃ怖い。クォン・サンウがこれまでのイメージを一新するダーティーなアンチヒーローを演じている。それはないよーという結末。
マルチュク青春通り ★★★★
【BS-i】クォン・サンウ主演の青春ラブストーリー。舞台は、軍事政権下の韓国。ブルース・リーに憧れる主人公が高校生活で繰り広げるケンカの日々と男同士の友情、そして女子生徒との淡い恋をノスタルジックに描く。韓国版「パッチギ!」という感じ。ヒロインのイ・ジョンジンが可愛い。
恋する神父 ★★
【BS-i】脚本は「冬のソナタ」「雪の女王」のユン・ウンギョン、ホ・インム監督。共演はハ・ジウォン、キム・イングォン、キム・インムン、キム・ソンファ。真面目な神学生とアメリカ育ちの素行の悪い女の、「天使にラブ・ソングを」をパクったコメディー・ロマンス。このヒロイン、ギャーギャーうるさい。韓国ドラマは、こういうタイプのヒロインが何故か多いなぁ。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2008-03-21 12:34 | 映画:韓国/TVドラマ

柳楽優弥「シュガー&スパイス 風味絶佳」「星になった少年」「誰も知らない」

シュガー&スパイス 風味絶佳 ★★
【地上波】監督は中江功。原作は山田詠美の『風味絶佳』。米軍基地の街、東京都福生市を舞台にガソリンスタンドでバイトをする若者のゆるーいロマンス。ミッド・センチュリーなインテリアなどに米軍基地の町っぽさが出ていて、なかなかお洒落。柳楽優弥の、ちょっと奥手な青年っぷりもグッド。共演は沢尻エリカ、夏木マリ、大泉洋、チェン・ボーリン。
星になった少年(2005) ★★
【地上波】監督は河毛俊作。ゾウ使いになることを夢見て、タイのゾウ訓練センターへの留学した少年の物語。柳楽優弥の等身大で凛としたキャラもグッド。しかし演出が悪いのか、イマイチ面白みに欠ける。「戦場のメリークリスマス」に似た坂本龍一の音楽がいい感じ。共演は常盤貴子、高橋克実、蒼井優、倍賞美津子。
誰も知らない ★★★
【地上波】監督は「ワンダフルライフ」「花よりもなほ」の是枝裕和。1988年に実際に起きた、母親に置き去りにされた子供たちの事件をモチーフに映画化した人間ドラマ。主演の柳楽優弥くんがカンヌ国際映画祭パルム・ドールを取り話題に。誰にも知られることなく、電気、水道の止まったアパートで暮らす幼い兄弟たち。何度も観るには痛過ぎる。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2008-03-20 15:20 | テレビで映画鑑賞