ぶーすかヘッドルーム・ブログ版


テレビで見た映画やドラマ、沖縄の情報など@ぶーすか
by booska1234
検索
リンク
画像関係は個人が楽しむために使用していますので流用はご了承下さい
ぶーすかヘッドルーム
ぶーすかヘッドルームHP
こちらにも遊びに来てねー!
人気blogランキング にほんブログ村 映画ブログへ
↑読んだらクリックしてネ!

若葉の森/うーすけさん
kurisablog/クリサブさん
EVERYBODY COME ON/MGさん
プロフェッサー・オカピーの部屋/オカピーさん
毎日が映画日和/クマさん
日本映画 監督篇 黒澤明/モカ次郎さん
地球映画遺産 編集日記/佐藤学さん
川越名画座/FROSTさん
映画のせかい2/映画のせかいマスターさん
ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!/mottiさん
飾釦/飾釦さん
取手物語~取手より愛をこめて/イエローストーンさん
CINEMAブロガー/サクラナミンさん

最新の記事
タグ
カテゴリ
監督:A・ヒッチコック
監督:イングマール・ベルイマン
監督:ヴィム・ヴェンダース
監督:ウィリアム・ワイラー
監督:ウディ・アレン
監督:シドニー・ポラック
監督:シドニー・ルメット
監督:J・ウー/ツイ・ハーク
監督:S・キューブリック
監督:S・スピルバーグ
監督:セルジオ・レオーネ
監督:チャップリン
監督:パトリス・ルコント
監督:ハワード・ホークス
監督:ビットリオ・デ・シーカ
監督:F・フェリーニ
監督:マーティン・スコセッシ
監督:ラッセ・ハルストレム
監督:ルキノ・ヴィスコンティ
監督:ルネ・クレマン
監督:ロバート・アルトマン
監督:ロバート・ゼメキス
監督:ロマン・ポランスキー
映画:アラン・ドロン
映画:イーサン・ホーク
映画:オードリー・へプバーン
映画:C・イーストウッド
映画:ゲイリー・クーパー
映画:ケヴィン・コスナー
映画:ジェラール・フィリップ
映画:ジャッキー・チェン
映画:ジョニー・デップ
映画:ショーン・コネリー
映画:ジョン・ウェイン
映画:ジョン・カサヴェテス
映画:S・マックィーン
映画:バート・ランカスター
映画:ヒュー・ジャックマン
映画:ブルース・ウィリス
映画:ポール・ニューマン
映画:ヌーヴェルヴァーグ
映画:007シリーズ
監督:市川崑
監督:稲垣浩
監督:岡本喜八
監督:木下惠介
監督:黒澤明
監督:成瀬巳喜男
監督:溝口健二
監督:野村芳太郎
監督:山田洋次/野村芳太郎
監督:吉田喜重
映画:男はつらいよ
映画:市川雷蔵
映画:大川橋蔵
映画:高倉健
映画:伊藤英明
映画:妻夫木聡
映画:松田優作
映画:日活/裕次郎/吉永小百合
映画:沖縄関連
映画:韓国/TVドラマ
映画:香港・中国
映画:スペイン
映画:昭和が舞台
映画:ファミリー向け
映画:とほほB級
映画:パニック系
映画:音楽がテーマ
映画:号泣
映画:5つ★お薦め
アカデミー賞関連作
サンダンス/NHK AWARD作
テレビで映画鑑賞
宿題映画リスト
テレビでアニメ
テレビでドラマ
アガサ・クリスティー関連
BOOK・本
音楽
気になるテレビ番組
その他
沖縄の話題
年間視聴・総決算
自己紹介
最新のトラックバック
銀魂 壁紙
from アニメ&マンガなどの情報紹介
『ミスター・ロンリー』(..
from 映画の心理プロファイル
『インクハート/魔法の声..
from 【徒然なるままに・・・】
「ワンピース THE M..
from Baby a gogo!
パピヨン
from しーの映画たわごと
Twitter
以前の記事
人気ジャンル
お気に入りブログ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


グレン・グールド「グレン・グールドをめぐる32章」「27歳の記憶」「永遠のピアニズム」

知るを楽しむ 私のこだわり人物伝
グレン・グールド鍵盤のエクスタシー
 番組HP
カナダ出身の天才ピアニスト、グレン・グールド(1932-1982)を、宮澤淳一(青山学院大学准教授)氏が解説したNHK番組。全4回が終わってしまった。もう少し長く放送して欲しかったなぁ。でも内容は充実していて、私のようなグールド初心者にも分かりやすいものだった。ゲストの吉田秀和、坂本龍一、高橋悠治などのコメントが面白かった。教授はブラームスの「間奏曲(インテルメッツォ)集」が特にお気に入りなんだそう。まだ聞いたことがないので、探してみたいと思う。グールドといえば、バッハの「ゴールドベルク変奏曲」が有名だが、私もこのアルバムを聞いて、その独自の解釈による世界に衝撃を受けた。好きだったバッハがますます好きになった1枚。
バッハ:ゴールドベルク変奏曲  ブラームス:間奏曲集
グレン・グールドをめぐる32章 ★★★
【レンタルビデオ】「レッド・バイオリン」のフランソワ・ジラール監督。出演はコーム・フィオール、ユーディ・メニューイン。孤高のピアニスト、グレン・グールドの人生を、「ゴールドベルク変奏曲」の32の変奏曲になぞって描いた、サブドキュメント。「タイタス」「ヘイブン 安住の地を求めて」のコルム・フィオールがグールドを演じている。顔はあまりグールドに似てはいないが、歩き方や椅子の座り方など、しぐさはグールドのドキュメントで見た彼のしぐさにそっくり。ピアノ演奏はグールドのを使用。
グレン・グールド/27歳の記憶 ★★★
【NHKBS】ウルフ・ケニッグ監督。故グレン・グールドの若き日の姿を追ったドキュメンタリー。グレン・グールドのカナダの田舎で暮しや、ニューヨークでのレコーディングの様子が記録されている。鼻歌まじりでひくバッハは、ロマンティックで惹きつけられる。
グレン・グールド 永遠のピアニズム ★★★★
【NHKBS】ジョスリン・バルナベ監督。グレン・グールド、ウォルター・ホンバーガー、ユーディ・メニューイン出演。NHKBSで放送されたグールドのドキュメンタリー。グールドのドキュメント映画を総まとめしたような内容に、グールドの人生観にも迫ろうとした内容が面白い。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2008-05-31 10:55 | 映画:音楽がテーマ

河野圭太「椿山課長の七日間」「子ぎつねヘレン」

椿山課長の七日間 ★★★
【BSジャパン】監督は「子ぎつねヘレン」の河野圭太。出演は西田敏行、伊東美咲、成宮寛貴、和久井映見、志田未来、須賀健太。突然死した男(西田敏行)が、7日間だけ現世に戻れて、戻った体は若い美女(伊東美咲)だった!というコメディー。デブ男の西田敏行よりも伊東美咲が多く出演しているので、目の保養になる。あの世のシステムは釈由美子の「修羅雪姫」に似ている。笑えて泣けてなかなか面白かった。
子ぎつねヘレン ☆なし
【BSジャパン】監督はテレビドラマ「古畑任三郎シリーズ」を手がけた河野圭太。東京からやって来た少年が目の見えない病気の子ぎつねをひろって、育てようとするが…。出演は大沢たかお、松雪泰子、深沢嵐、小林涼子、阿部サダヲ、藤村俊二。動物と子供が主人公というと外すはずはないと思うけど、子役は可愛くなくてイマイチだし、つまらんかった!
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2008-05-27 10:29 | 映画:ファミリー向け

成瀬巳喜男×原節子「山の音」「驟雨」

山の音 ★★★★
【NHKBS】川端康成の『山の音』を映画化。出演は原節子、上原謙、山村聰、長岡輝子、杉葉子、丹阿彌谷津子、中北千枝子など。嫁(原節子)を何かと気遣う舅は、「東京物語」に重なる。二人の仲の良いのを夫が嫉妬する…とちょっと女々しい長男を上原謙が演じていて、いい味を出している。原節子はここでも良家の嫁でも不幸せな女。
驟雨 ★★★★
【NHKBS】出演は佐野周二、原節子、香川京子、小林桂樹、根岸明美、中北千枝子、東郷晴子、長岡輝子、加東大介など。小田急線の梅ヶ丘駅周辺の新興住宅地が舞台になっていて、当時の庶民の暮らしぶりが窺えて楽しい。原節子が生活に疲れて倦怠期の夫と喧嘩をする、普通の主婦をちょっとコミカルに演じているのも面白い。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2008-05-26 16:10 | 監督:成瀬巳喜男

成瀬巳喜男×原節子「娘・妻・母」「めし」

娘・妻・母 ★★★★★
【NHKBS】三益愛子、原節子、高峰秀子、森雅之、団令子、草笛光子という、豪華キャストの成瀬巳喜男版「東京物語」という感じで、大家族がバラバラになってゆく様を人情味たっぷりで描かれたドラマ。兄弟妹たちが母親をのけ者のようにする中、一人、母親を守るために自分の結婚を利用しようとする、お嬢様育ちの優しい長女を演じた原節子は、「東京物語」のヒロインと重なる。笠智衆がちょこっと出演しているところも、小津へのオマージュが込められているのかなぁ?
めし ★★★★
【NHKBS】成瀬巳喜男・特集の再放送。上原謙、原節子演じる、けん怠期にあるサラリーマン夫婦の日常をコミカルに描いた作品。上原謙のうだつの上がらない夫ぶりと、原節子の貧乏暮らしに疲れた妻ぶりが面白い。
[PR]

by booska1234 | 2008-05-23 11:27 | 監督:成瀬巳喜男

ロブ・コーエン監督「ドラゴンハート」「ステルス」

ドラゴンハート ★★★★
【NHKBS】監督は「ステルス」「ワイルド・スピード」「トリプルX」「ドラゴン/ブルース・リー物語」のロブ・コーエン。出演はデニス・クエイド、ショーン・コネリー(声の出演)、デビッド・シューリス、ピート・ポスルスウェイト、ディナ・メイヤー。「ドクトル・ジバゴ」「ネバーランド」のジュリー・クリスティが暴君の母親役で出ている。人間味あふれる魅力的な竜の声を演じたショーン・コネリーがいい味を出している。竜が出てくる映画では指折りに面白かった。
ステルス ★★★
【地上波】出演はジョシュ・ルーカス、ジェシカ・ビール、ジェイミー・フォックス。「ライトスタッフ」で最新鋭の戦闘機のテストパイロットを演じたサム・シェパードが、この作品では最新鋭の戦闘機のパイロットたちの上司役で登場。「Ray/レイ」のジェイミー・フォックスが脇役であっさり死んじゃってびっくり。「2001年宇宙の旅」した人工知能搭載の最新鋭ステルス機が暴走してしまい…という話。「トップ・ガン」のようなパイロットの青春物かと期待せずに見たら、意外と面白かった。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2008-05-04 13:03 | 映画:ショーン・コネリー

ケイト・ブランシェット「ヴェロニカ・ゲリン」「シャーロット・グレイ」

ヴェロニカ・ゲリン ★★★
【NHKBS】監督は「オペラ座の怪人」「9デイズ」のジョエル・シュマッカー。ケイト・ブランシェットが薬組織壊滅に尽力した女性ジャーナリストの実在の人物を「強い女」として演じている。ヴェロニカ・ゲリンが暗殺された報道は、当時リアルタイムのニュースで知ったが、ケイト・ブランシェットが本人そっくりで驚き。大味なイメージが強いジョエル・シュマッカーにしてはなかなか良い作品。「トータル・フィアーズ」のロシア大統領が印象的だったキアラン・ハインズが、ギリガンの手下ジョン・トレイナーを演ている。
シャーロット・グレイ ★★★
【NHKBS】監督は「オスカーとルシンダ」のジリアン・アームストロング。共演の「あの頃ペニー・レインと」のビリー・クラダップがシャーロットの面倒を見るレジスタンスの青年を、その父親を「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のダンブルドア先生で御馴染みのマイケル・ガンボンが味わい深く演じている。また、シャーロットの恋人ピーターに「サハラに舞う羽根」のルパート・ペンリー=ジョーンズ。レジスタンスに参加したイギリス女性の話で、ジェーン・フォンダとバネッサ・レッドグレーブの「ジュリア」に似た設定。気高く美しい女を演じたケイト・ブランシェットは素晴らしいが、「ジュリア」には今一歩及ばず。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2008-05-03 17:01 | テレビで映画鑑賞

ダイアン・レイン「理想の恋人.com」「トスカーナの休日」

理想の恋人.com ★★★
【NHKBS】監督は「晩秋」のゲイリー・デビッド・ゴールドバーグ。ダイアン・レインが、「トスカーナの休日」と同じく、離婚で傷心の女の再生をコミカルに演じたラブコメ。ネットで恋人ができる…という展開はちょっと「ユー・ガット・メール」している。相手役はジョン・キューザックとダーモット・マルロニーで、どちらもいい男。二人の間で揺れる女心を演じるダイアン・レインがとても可愛い。
トスカーナの休日 ★★★★
【NHKBS】離婚で傷心の女流作家が、「ライフ・イズ・ビューティフル」の舞台にもなった、イタリアのトスカーナ地方のコルトーナに行き、そこに住み着いたことで次第に癒されていく…というラブロマンス。しかし、「旅愁」のようなロマンスとは程遠く、こちらは口先ばかりのイタリア男にふられたりで現実的。オルチャ渓谷やアマルフィ海岸などの世界遺産の美しい風景と、美味しそうなイタリア料理が、イタリアに行ってみたくなる作品。監督はオードリー・ウェルズ。
※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。
[PR]

by booska1234 | 2008-05-02 12:50 | テレビで映画鑑賞