ぶーすかヘッドルーム・ブログ版


テレビで見た映画やドラマ、沖縄の情報など@ぶーすか
by booska1234
検索
リンク
画像関係は個人が楽しむために使用していますので流用はご了承下さい
ぶーすかヘッドルーム
ぶーすかヘッドルームHP
こちらにも遊びに来てねー!
人気blogランキング にほんブログ村 映画ブログへ
↑読んだらクリックしてネ!

若葉の森/うーすけさん
kurisablog/クリサブさん
EVERYBODY COME ON/MGさん
プロフェッサー・オカピーの部屋/オカピーさん
毎日が映画日和/クマさん
日本映画 監督篇 黒澤明/モカ次郎さん
地球映画遺産 編集日記/佐藤学さん
川越名画座/FROSTさん
映画のせかい2/映画のせかいマスターさん
ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!/mottiさん
飾釦/飾釦さん
取手物語~取手より愛をこめて/イエローストーンさん
CINEMAブロガー/サクラナミンさん

最新の記事
タグ
カテゴリ
監督:A・ヒッチコック
監督:イングマール・ベルイマン
監督:ヴィム・ヴェンダース
監督:ウィリアム・ワイラー
監督:ウディ・アレン
監督:シドニー・ポラック
監督:シドニー・ルメット
監督:J・ウー/ツイ・ハーク
監督:S・キューブリック
監督:S・スピルバーグ
監督:セルジオ・レオーネ
監督:チャップリン
監督:パトリス・ルコント
監督:ハワード・ホークス
監督:ビットリオ・デ・シーカ
監督:F・フェリーニ
監督:マーティン・スコセッシ
監督:ラッセ・ハルストレム
監督:ルキノ・ヴィスコンティ
監督:ルネ・クレマン
監督:ロバート・アルトマン
監督:ロバート・ゼメキス
監督:ロマン・ポランスキー
映画:アラン・ドロン
映画:イーサン・ホーク
映画:オードリー・へプバーン
映画:C・イーストウッド
映画:ゲイリー・クーパー
映画:ケヴィン・コスナー
映画:ジェラール・フィリップ
映画:ジャッキー・チェン
映画:ジョニー・デップ
映画:ショーン・コネリー
映画:ジョン・ウェイン
映画:ジョン・カサヴェテス
映画:S・マックィーン
映画:バート・ランカスター
映画:ヒュー・ジャックマン
映画:ブルース・ウィリス
映画:ポール・ニューマン
映画:ヌーヴェルヴァーグ
映画:007シリーズ
監督:市川崑
監督:稲垣浩
監督:岡本喜八
監督:木下惠介
監督:黒澤明
監督:成瀬巳喜男
監督:溝口健二
監督:野村芳太郎
監督:山田洋次/野村芳太郎
監督:吉田喜重
映画:男はつらいよ
映画:市川雷蔵
映画:大川橋蔵
映画:高倉健
映画:伊藤英明
映画:妻夫木聡
映画:松田優作
映画:日活/裕次郎/吉永小百合
映画:沖縄関連
映画:韓国/TVドラマ
映画:香港・中国
映画:スペイン
映画:昭和が舞台
映画:ファミリー向け
映画:とほほB級
映画:パニック系
映画:音楽がテーマ
映画:号泣
映画:5つ★お薦め
アカデミー賞関連作
サンダンス/NHK AWARD作
テレビで映画鑑賞
宿題映画リスト
テレビでアニメ
テレビでドラマ
アガサ・クリスティー関連
BOOK・本
音楽
気になるテレビ番組
その他
沖縄の話題
年間視聴・総決算
自己紹介
最新のトラックバック
銀魂 壁紙
from アニメ&マンガなどの情報紹介
『ミスター・ロンリー』(..
from 映画の心理プロファイル
『インクハート/魔法の声..
from 【徒然なるままに・・・】
「ワンピース THE M..
from Baby a gogo!
パピヨン
from しーの映画たわごと
Twitter
以前の記事
人気ジャンル
お気に入りブログ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:戦争映画 ( 82 ) タグの人気記事


アーウィン・ウィンクラー「勇者たちの戦場」「海辺の家」「五線譜のラブレター」

f0083053_21462082.jpg監督は「メカニック」のアーウィン・ウィンクラー。

勇者たちの戦場 ★★

【BSTBS】イラク戦争で傷つくアメリカ兵士たちをドキュメント風にリアルに描いたドラマ。サミュエル・L・ジャクソン以外はよく知らない俳優ばかりで、ちょっと地味で、戦闘シーンもアクションのように描き、反戦物でもエンターテインメント性を重視してきたアメリカ作品にしてはちょっと珍しい。

海辺の家 ★★★★
【BS11】父親との確執で息子(ヘイデン・クリステンセン)とのコミュニケーションも上手くいってない建築家(ケヴィン・クライン)が自分が癌で余命3ヵ月と知り、昔から夢だった海辺に自分の家を自分で建てようとするドラマ。パンキッシュなスタイルで反抗期青年を演じているヘイデン・クリステンセンが初々しいのと、病魔に侵されてゆくケヴィン・クラインの演技が凄い。妻役は「イングリッシュ・ペイシェント」「ルパン」のクリスティン・スコット・トーマで美しい~。

五線譜のラブレター DE-LOVELY ★★★
【NHKBS】「夜も昼も」「ビギン・ザ・ビギン」「ソー・イン・ラブ」などを作曲したコール・ポーターの半生を描いたドラマ。妻役のアシュレイ・ジャッドとジョナサン・プライスがいい味を出している。コール・ポーター役は「海辺の家」のケヴィン・クライン。エルヴィス・コステロやナタリー・コール、シェリル・クロウ、アラニス・モリセットなども出演しててなかなか見応えある。ケイリー・グラントがコールポーターに扮した「夜も昼も」は残念ながら未見。この作品と比べて見てみたいなぁ。
※リンク先に感想をアップしてあります。よろしければごらん下さい。
人気blogランキング にほんブログ村 映画ブログへ←読んだらクリックしてネ!

[PR]

by booska1234 | 2012-06-20 22:17 | テレビで映画鑑賞

キングダム・オブ・ヘブン

f0083053_21462082.jpgキングダム・オブ・ヘブン ★★★★
【地上波】リドリー・スコット監督が12世紀の十字軍遠征を映画化。出演は「トロイ」のオーランド・ブルームとエヴァ・グリーン、リーアム・ニーソン、ジェレミー・アイアンズと豪華。また、ほとんど素顔が出てこないけどミステリアスな仮面のフランス王はエドワード・ノートン。「グラディエーター」並みのスペクタクル歴史劇なのだが、そこまで感動がなかったのは音楽がハンス・ジマーではなかったからか?リドリー・スコット監督ファンには不評だったみたいだけど、塩野七生の十字軍ものなどでこの手の話題が大好きな私としては楽しめた。
※リンク先に感想をアップしてあります。よろしければごらん下さい。
人気blogランキング にほんブログ村 映画ブログへ←読んだらクリックしてネ!

[PR]

by booska1234 | 2011-05-16 17:29

「ブラッド・ダイヤモンド」「ホテル・ルワンダ」

f0083053_21462082.jpgブラッド・ダイヤモンド ★★★
【NHKBS】「ラストサムライ」「グローリー」「戦火の勇気」のエドワード・ズウィック監督。出演はレオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー。「ホテル・ルワンダ」を思い出すアフリカの惨状を描いた社会派作でダイヤモンド市場をめぐる国際社会の暗部を描いている。家族とささやかに生きていた正直男漁師のソロモンのあまりにも非人間的な扱いをされる過酷な運命に怒りと驚愕を覚える。ダイヤを欲しがっている輩にこれを見て欲しい!
ホテル・ルワンダ ★★★★

【NHKBS】アフリカのルワンダの民族対立が原因の大量虐殺される中、1200人もの人々を救ったホテルマンの実話を映画化。こういうナチスにも負けない悪行が近年に行われていたとは!ニュースでは伝わらない惨状に愕然とさせられた。テーマが重過ぎるので見るのを躊躇したが、これも同じ人間がした「歴史」として認識すべきだと教えられた。監督はテリー・ジョージ。出演はドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ニック・ノルティ、ホワキン・フェニックス、ジャン・レノ。
※リンク先に感想をアップしてあります。よろしければごらん下さい。
人気blogランキング にほんブログ村 映画ブログへ←読んだらクリックしてネ!

[PR]

by booska1234 | 2011-05-16 16:01 | テレビで映画鑑賞

ホステージ・オブ・エネミーライン

f0083053_21462082.jpgホステージ・オブ・エネミーライン ★★★
【BS日テレ】コロンビア人から見たコロンビア内戦で反政府ゲリラに拉致された青年の実話を元にしたドラマ。「イノセント・ボイス 12歳の戦場」のような中南米の内戦はどれも悲劇的。「イノセント…」では子供がターゲットにされていたが、ここでは普通の旅行者などでより誰にでも起こりうる。こんな国に生まれなくてよかった…。
※リンク先に感想をアップしてあります。よろしければごらん下さい。
人気blogランキング にほんブログ村 映画ブログへ←読んだらクリックしてネ!

[PR]

by booska1234 | 2011-05-12 22:56 | テレビで映画鑑賞

三国志(2008):年老いた趙雲にアンディ・ラウ。劉備、関羽、張飛、孔明らが出てこない… #eiga

f0083053_21462082.jpg三国志(2008) ★★★
【BS朝日】三国志の五虎大将の一人趙雲を中心に描いた歴史ドラマ。その趙雲は「インファナル・アフェア」「墨攻」のアンディ・ラウ。またマギー・Q、サモ・ハンが映画オリジナルのキャラクター“曹嬰”、“平安”役で共演。監督は「ブラック・マスク」のダニエル・リー。ジョン・ウーの「レッドクリフ」と同時期に公開されているがこれに関連したストーリーを期待していたら、曹操、劉備、関羽、張飛、孔明といった英雄たちはほとんど出てこない、彼らの息子や孫世代の話が中心。劉備や関羽たちが死んでしまった後の三国志はイマイチ魅力を感じないので、これもアンディ・ラウが主演でもイマイチのれないかった。でもアクションシーンや戦闘シーンはすごくて迫力がある。
※リンク先に感想をアップしてあります。よろしければごらん下さい。
人気blogランキング にほんブログ村 映画ブログへ←読んだらクリックしてネ!

[PR]

by booska1234 | 2011-02-27 23:04 | 映画:香港・中国

愛する時と死する時

f0083053_21462082.jpg愛する時と死する時 ★★★★★
【BS2】「心のともしび」「天はすべて許し給う」「翼に賭ける命」「悲しみは空の彼方に」のダグラス・サーク監督。ドイツからアメリカに亡命した監督が、ドイツ人側から見た第二次世界大戦をハリウッドで製作した作品。原作は「西部戦線異状なし」のE・M・レマルクで、これにも劣らない反戦映画の傑作。でも重くなり過ぎない程度で娯楽性があるところがこの監督のすごいところ。ナスターシャ・キンスキーの父、クラウス・キンスキーが残忍なゲシュタポの幹部役でちょこっと出ている。
※リンク先に感想をアップしてあります。よろしければごらん下さい。
人気blogランキング にほんブログ村 映画ブログへ←読んだらクリックしてネ!

[PR]

by booska1234 | 2011-02-15 21:30 | 映画:5つ★お薦め

戦火の勇気

f0083053_21462082.jpg戦火の勇気 ★★★
【BSTBS】めずらしくメグ・ライアンが軍人役。主演はデンゼル・ワシントン、マット・デイモン、スコット・グレン、マイケル・モリアーティらが共演の戦争サスペンス。証言者の意見で悪女にも聖女にも見えてくる展開は「羅生門」方式。でも最後はちゃんと真実が明らかになるところは白黒はっきりさせたがるアメリカらしい。思ったほどメグの出演シーンは多くないが印象がまったく違う証言それぞれのキャラの演じ分けはさすがに上手い。監督は「ラストサムライ」「グローリー 」のエドワード・ズウィック。
※リンク先に感想をアップしてあります。よろしければごらん下さい。
人気blogランキング にほんブログ村 映画ブログへ←読んだらクリックしてネ!

[PR]

by booska1234 | 2011-02-13 16:37 | テレビで映画鑑賞

戦国自衛隊

f0083053_21462082.jpg戦国自衛隊 ★★★
【NHKBS】自衛隊が突然、戦国時代にタイムスリップするという奇想天外な角川のアクション時代劇。半村良の原作。「八つ墓村」でもめちゃ恐かった夏八木勲が残忍な上杉謙信役でこれまた恐い!
監督:斎藤光正、出演も千葉真一、夏八木勲、渡瀬恒彦、にしきのあきら、成田三樹夫、岸田森などとなかなか豪華。自衛隊の一個部隊が戦国時代で生き残りの戦いを強いられるけど、天下取りできるのでは?と思うところだが、そうならないところがまた泣けていい!これに比べて「戦国自衛隊1549」にはドラマがない…。
※リンク先に感想をアップしてあります。よろしければごらん下さい。
人気blogランキング にほんブログ村 映画ブログへ←読んだらクリックしてネ!

[PR]

by booska1234 | 2011-02-13 15:40 | テレビで映画鑑賞

戦国自衛隊1549

f0083053_21462082.jpg戦国自衛隊1549 ★★
【BS日テレ】半村良の原作「戦国自衛隊」のリメイクかと思ったら、原作も別の作品。ただ、自衛隊が戦国時代にタイムスリップするという設定は同じ。でも主演の江口洋介が全然軍人に見えない。まるでトレンディードラマの主人公。鈴木京香ももっと活躍していたら面白かったのにお飾り程度の女軍人。最大の敵が鹿賀丈史というのも弱い。でも伊武雅刀の斉藤道三が笑えた。
※リンク先に感想をアップしてあります。よろしければごらん下さい。
人気blogランキング にほんブログ村 映画ブログへ←読んだらクリックしてネ!

[PR]

by booska1234 | 2011-02-13 15:14 | テレビで映画鑑賞

肉体の門

f0083053_21462082.jpg肉体の門 ★★
【BS日テレ】終戦直後の闇市時代でパンパンとして生き残ろうと奮闘する女たちのドラマ。主演のかたせ梨乃がイマイチなんだなぁ…。共演の名取裕子の方がずっといい女。競って脱ぎあう女優たちにさすが「極道の妻(おんな)たち」「陽暉楼」「鬼龍院花子の生涯」「三匹の侍」の五社英雄監督の手腕の凄さを感じるが、マッハ文朱のプロレスシーンなど笑える場面が多い。コメディーなのか?原作は田村泰次郎の「肉体の門」。
※リンク先に感想をアップしてあります。よろしければごらん下さい。
人気blogランキング にほんブログ村 映画ブログへ←読んだらクリックしてネ!

[PR]

by booska1234 | 2011-02-13 14:36 | 映画:昭和が舞台